top of page

Information

ポップアップの日程やレシピなど最新情報を更新しています。

更新日:2020年2月22日

Heatonistに出会ってから、すっかりHeatonistとクラフトホットソースのファンになっていました。

先週まで、タバスコが苦手だなと思っていたことが嘘みたいにw


時間があればお店に行ってホットソースを買ったり

オンラインストアでもジャケ買いでコレクションを増やしていました。

ジャケットもおしゃれでよくできているんです!

味も様々でホットソースを買うたびに、

異なる味やデザインのクラフトホットソースに出会えて

どんどんクラフトホットソースの魅力に惹かれていきました。


当時、彼女(現在の妻)が働いていた靴下屋さんのお手伝いをしていました。

ある日、そのブランドの倉庫整理のために

彼女と一緒にブルックリンにある倉庫で作業をしていました。

作業をしていると、なにやら向かい側の倉庫がバタバタと荷物を出荷し続ける模様。


気になって、中で働いている人たちをみていると

ひっきりなしに瓶のようなものを箱詰めし続けています。

働いている人になにの会社か尋ねるとホットソースの会社“Heatonist”と答えてくれました。

そう、たまたま彼女の働いていた会社の倉庫の向かいがHeatonistの倉庫だったのです!


偶然にもHeatonistに一歩近づけた瞬間でした。


出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓


オンライン購入はこちらから↓




更新日:2020年2月22日



昨日、Nori Kimuraが初めて買ったクラフトホットソースはMade in Japanだった。

という、お話をさせていただきました。


実は、我々Hot Sauce Barには大きく影響を受けているホットソース専門店があります。

それはブルックリンにある“Heatonist”(ヒートニスト)というお店です。


ブルックリンのワイスアベニュー(Wythe Ave)沿いにあるこのお店は

無添加のクラフトホットソース専門店です。

私はMade in JapanのホットソースをHeatonistで買いました。

このお店がまたおしゃれでついつい入ってしまうお店なんです!

私が、このお店に入った理由も同じようにおしゃれなお店だなと思って入りました。


何かの雑貨屋さんと思って入ったお店には

同じような形のものがたくさん並んでいて、

その日からHeatonistは私の頭から離れないくらい気になる存在になりました。


彼らは今でもHot Sauce Barにとってヒーローです。

Heatonistの創業者に会ってみたい。。

この日からどうすればHeatonistに近づけるかを考える日々がスタートしました。


出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓


オンライン購入はこちらから↓









更新日:2020年2月22日


私、Nori Kimuraがクラフトホットソースに出会ったのは

ニューヨークへ留学をしていた時でした。


特別、辛いソースが好きだという訳ではなかったのですが、

ブルックリンにあるお店で興味本位にクラフトホットソースを買ってみたことが始まりです。

そのソースを選んだ理由はMade in Japanだから。

今では、この時にこのソースに出会えて良かったなと思います。


タバスコやデスソースは日本でも有名で、それらを食べたことがある程度でしたが

クラフトホットソースはそれらとは全く異なるものでした。

その時に買ったソースは“Hop in Heaven”

このソースは今まで食べたことがなかった

とてもフルーティーでホップの苦味も美味しいホットソースでした。

そして、めっちゃ辛い!


「こんなホットソースもあるのか!」

と、タバスコとデスソースくらいしか知らなかった私にとって大きな衝撃でした。


私はこのソースの味と香りに病み付きになり、ピザやパスタに使い始めました。

気がつけば食べ物を食べない時もソースの香りを嗅ぐためだけに

冷蔵庫を開けるようになっていました。


このクラフトホットソースとニューヨークで出会ったことが

Hot Sauce Barを創業するきっかけです。


出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓


オンライン購入はこちらから↓





bottom of page