Information

ポップアップの日程やレシピなど最新情報を更新しています。

前回の記事では我々Hot Sauce Barがどんな理由でJacobsen Salt(ジェイコブセンソルト)のホットソースを選んだのかについて書かせていただきました。引き続き、現在取り扱っているホットソースメーカーをなぜ選んだのかについて書いていきたいなと思います。


Hot Sauce Barが重要視する4つのポイントを再度確認!

①無添加のクラフトホットソースであること。

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

④ラベルのデザインがお洒落なこと

これらのポイントに注目して読んでみてください!


今日はアメリカ・テキサス州のクラフトホットソースメーカーのHumble House:ハンブルハウス。

テキサス州第2の都市サンアントニオは、西部開拓時代の面影を色濃く残す街。今から10年ほど前、サンアントニオでチーズ製造を始め、近所のファーマーズマーケットで販売し始めた若い夫婦、シェフのルイス(写真右)と、その妻マーシャ(写真左)。チーズ作りを愛して止まなかったルイスですが、テキサス州の法律が変わり、チーズ製造を継続するために掛かる巨額の資金調達ができず、チーズに代わり、ホットソース製造へと転換することになります。メキシコ系アメリカ人のルイスが作りだすメキシコの豊かな食文化とフレーバーが表現されたホットソース は瞬く間にマーケットの人気商品になりました。2016年、テキサス最大手スーパーマーケットチェーンH-E-B主催のフードコンペで入賞。テキサス州で350店以上を展開するH-E-Bで販売する様になった現在もローカルの人々との繋がりを大切にし、原点であるファーマーズマーケットでの出店を続けています。

ハンブル・ハウスのホットソースは、日本人の調味料の概念を覆すほど複雑な味が重なりあい、初めて食べると感動を覚えるほどです。辛さではなく、トウガラシ本来の美味しさと味のバランスを大切にすると言われる本場のメキシコ料理にならって辛さ控えめで、様々な料理に合わせやすく作られています。

おすすめはANCHO&MORITA(写真)。ビネガーの酸味が効いたBBQソースのような風味が特徴です。果物の柿のような味わいのタマリンドとレーズンを使ったタマリンドペーストを熟成させて作られ、無添加とは思えないようなとろみを生み出しています。タコスやハンバーガー、ホットドッグ意外にも、焼き飯にかけたり、炒め物の味つけにもお使いいただけます。

また、無添加だけではなく、ヴィーガン・グルテンフリー、使用されている砂糖はきび砂糖を使用し、上白糖を避けている方でも安心してお楽しみいただけます。


ハンブルハウスのラベルを見てアメリカっぽいといって手にとっていただくお客様も多く、テーブルの上を華やかにしてくれるボトルデザインです。タコスパーティーなどお友達を呼んで集まるときにテーブルの上を華やかにしてくれます。辛いものが苦手な方でもお楽しみいただけるピリッと美味しい、自信を持ってオススメできる1本です。



Humble House:ハンブルハウスを選んだポイントのおさらい。

①無添加のクラフトホットソースであること。

→ヴィーガン・グルテンフリーでもちろんオールナチュラル(無添加)、砂糖はきび砂糖を使用。

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

→辛さは控えめで、複雑な味が重なりあい、初めて食べると感動を覚えるほどの美味しさ。

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

→もともとはチーズメーカー!?チーズ作りが突けられなくなりホットソースメーカーになり、今ではテキサスの大手スーパーマーケットで販売するまでに。

④ラベルのデザインがお洒落なこと

→アメリカ感たっぷりのフォントを使ったデザイン。


お買い求めはこちらから↓

https://hot-sauce-bar.myshopify.com/

オンライン販売と全国各地のマーケットに出店させていただいております。

出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓

@hotsaucebar_official

#日本初#辛い物好き#激辛#無添加#クラフト#オンラインショップ#インスタ#辛い#美味しい#専門店

前回の記事では我々Hot Sauce Barがどんな理由でCLARK+HOPKINS(クラークアンドホプキンス)のホットソースを選んだのかについて書かせていただきました。引き続き、現在取り扱っているホットソースメーカーをなぜ選んだのかについて書いていきたいなと思います。


Hot Sauce Barが重要視する4つのポイントを再度確認!

①無添加のクラフトホットソースであること。

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

④ラベルのデザインがお洒落なこと

これらのポイントに注目して読んでみてください!


今日はアメリカ・オレゴン州、ポートランドのクラフトホットソースメーカーのJacobsen Salt:ジェイコブセンソルト。

クラフトフードのトレンド発祥地、オレゴン州ポートランドに拠点を構えるジェイコブセン・ソルト。創業者ベン・ジェイコブセン氏(写真中央)が、趣味の一環として塩づくりを始めたところその昔ながらの方法で丁寧に作られるクラフトソルトが評判を呼び、塩の会社を立ち上げました。地元ポートランドで話題となったクラフトソルトの評判は全米に広がり現在はカリフォルニア、ニューヨークの有名シェフやパティシエなどの顧客を持ちます。


そんなクラフトソルト製造会社が手がけるのがBee Local(ビー・ローカル)というハチミツブランド。「非加熱・非精製・無濾過」の、極力人の手を加えないポリシーのもと、ミツバチたちが運んできた生のハチミツに最も近い状態を商品化しており花粉が豊富でハチミツ本来の味が楽しめます。そして、このビー・ローカルの高品質クラフトハニーにビネガーとチリペッパーをブレンドして生まれた商品がホットハニーソース。

ピリ辛の蜂蜜は日本ではなかなか珍しいので食べたこともない方がほとんどではないでしょうか。蜂蜜の甘さとビネガーの酸味、その後からピリッと来る感覚は全く新しいものです。

サラッとした質感のホットハニーソースはチーズや生ハムとの相性ピッタリ。チーズピザにもかけるとチーズの塩味も引き立ってとても美味しく食べることができます。他にもフライドチキンにスペアリブ、ピザ、BBQ、グリル野菜、チーズ、果物、パン、アイスクリームなどありとあらゆる料理にかけて楽しめる万能調味料。

蜂蜜ベースのためヴィーガンではないのですが、無添加のホットソースです。

あなたもいざ使ってみると、その出番の多さに驚くはず。ホットハニーソースのスイート&スパイシーな味の虜になって下さい。

Jacobsen Saltのホットハニーソースを選んだポイントのおさらい。

①無添加のクラフトホットソースであること。

→オールナチュラル(無添加)

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

→蜂蜜の甘さとビネガーの酸味、その後からピリッとくる新感覚の美味しさ。

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

→クラフトソルト製造会社が手がけるのがBee Local(ビー・ローカル)というハチミツブランド。

④ラベルのデザインがお洒落なこと

→蜂蜜の質感もわかる透明ボトルでクールなデザイン

お買い求めはこちらから↓

https://hot-sauce-bar.myshopify.com/

オンライン販売と全国各地のマーケットに出店させていただいております。

出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓

@hotsaucebar_official

#日本初#辛い物好き#激辛#無添加#クラフト#オンラインショップ#インスタ#辛い#美味しい#専門店



前回の記事では我々Hot Sauce Barがどんな理由でSINAI GOURMETのホットソースを選んだのかについて書かせていただきました。引き続き、現在取り扱っているホットソースメーカーをなぜ選んだのかについて書いていきたいなと思います。


Hot Sauce Barが重要視する4つのポイントを再度確認!

①無添加のクラフトホットソースであること。

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

④ラベルのデザインがお洒落なこと

これらのポイントに注目して読んでみてください!


今日はアメリカ・ヴァージニア州のクラフトホットソースメーカーのCLARK+HOPKINS(クラークアンドホプキンス)。

2016年にスタートしたCLARK+HOPKINS(クラークアンドホプキンス)。シェフでもありオーナーのブランドン(写真左)は世界中の食文化からインスピレーションを得てクラフトホットソースをデザインしています。Hot Sauce Barではインドの地名がついたASSAMのみを販売していますが、他にもエチオピアやラオス、テキサス、ジョージアなど様々な土地の食文化をソースで表現しています。


そんなCLARK+HOPKINSは2019年にフード業界のアカデミー賞と呼ばれるSOFI賞でなんとASSAMがホットソース部門新人賞を獲得したことで突如アメリカ全土から注目を浴びます。さらにYouTubeで絶大な影響力を持つホットソースのチャンネルHOT ONESでもシーズン7でラインナップの1本にも選ばれ、ホットソース業界でもHotな地位を確立しました。



Hot Sauce Barではインド北東部で紅茶で有名なアッサム地方が原産のブートジョロキアペッパーを使用し、インドの本格的なカレーからインスピレーションを得たASSAMを販売しています。10種類以上のスパイスを絶妙なバランスで配合しとてもインドの本格的なカレーの風味を気軽に楽しむことができます。ヨーグルトとこのソースを混ぜて、チキンを漬け込めば、簡単にタンドリーチキンの下準備ができます。また、炒め物にもカレー粉のようにも使える比較的調味料としても使いやすいクラフトホットソースです。



ヴィーガン・グルテンフリーでもちろんオールナチュラル(無添加)の材料で作られています。砂糖はきび砂糖を使用し、上白糖を避けて食生活を送っている方も安心してお召し上がりいただけます。

デザインはインドを思わせるヒンディー語が使われたシンプルなデザイン。茶色いソースと緑のラベルの相性がぴったりで、様々なものが並んだテーブルに並べても重量感があり存在感があるラベルデザインになっています。カレーも好きな私にとってはカレー風味のホットソースをとにかく入れてコレクションの破bを広げてくれています。CLARK+HOPKINSのホットソースを味わい、パスポート不要の世界一周スパイスの旅へお出かけ下さい。


CLARK+HOPKINSを選んだポイントのおさらい。

①無添加のクラフトホットソースであること。

→ヴィーガン・グルテンフリーでもちろんオールナチュラル(無添加)、砂糖はきび砂糖を使用。

②美味しいこと(辛ければ良いと言う選び方はしていません。)

→10種類以上のスパイスを絶妙なバランスで調合し、本格的なインドカレーの風味を表現。

③個性的なメーカーのブランドストーリーがあること

→2019年にフード業界のアカデミー賞と呼ばれるSOFI賞でなんとASSAMがホットソース部門新人賞を獲得、突如として現れたニューカマー。

④ラベルのデザインがお洒落なこと

→様々なものが置いてあるテーブルの上でも重量感のある存在感を放つラベルデザイン。

お買い求めはこちらから↓

https://hot-sauce-bar.myshopify.com/

オンライン販売と全国各地のマーケットに出店させていただいております。

出店情報等、Instagramにて発信しています!

Check it out↓

@hotsaucebar_official

#日本初#辛い物好き#激辛#無添加#クラフト#オンラインショップ#インスタ#辛い#美味しい#専門店